お知らせ, 日本寺行事

インドで坐禅体験を

日本寺に於いて曹洞宗座禅会2015を開催いたします。
また、座禅会への参加ツアーの企画もございます。

インド日本寺曹洞宗成道会参禅会
曹洞禅セッション 2015年度ポスターかつて21世紀は宗教の時代だと言われました。しかし21世紀になってもイデオロギーに固執した仮装全体主義の国、武力によって支配し続ける恐怖政治の国、ようやく独裁者からの解放を成し遂げた国も現れたものの、資本主義もいよいよ行き詰まり、全世界を不況の渦に巻き込む経済に翻弄される21世紀幕開けです。

科学全盛しかし温暖化に水没間近の国を救う事もできず。一方では安全と豪語していたはずの原発事故により、除去する事の不可能な放射能に先祖伝来の土地を追われる人々。世界は安定に向かっているかに見え、その実理性と秩序を失い相も変わらず目先の利益だけを求め、幻を追い求めあてどなく彷徨う人間の姿が鮮明になった21世紀でもあります。

お釈迦様は「少欲・知足」を教え、自己に目覚める事が最も尊い事とお諭しになられました。この教えは宗教、科学、経済、イデオロギーを、国を民族を超え、今人類に最も必要な思考方法となりました。幸いにして、宗祖道元禅師は達磨さんの門を受け継ぎ、釈尊の教え「不立文字」「教外別伝」「正師参学」を「正伝の仏法」として日本に伝えて頂きました。そして道元禅師滅後750年その法孫は多くの国々に法燈を掲げるまでに至りました。

しかし世界の人々は「曹洞禅」に出会う機会は皆無と言う状況にもあります。そこでインド日本寺での坐禅会を、本年も国際仏教興隆協会の後援を受け釈尊成道会の坐禅会として、曹洞宗海外寺院にも通知し実施致します。
興龍寺 洞派信隆

期日 2015年12月1日~12月8日まで
場所 印度山日本寺境内にて
プログラム
151015_02
12月7日から8日
22:00坐禅
23:00大塔にて坐禅
24:00成道会(8日)
随時 開枕
7:00 朝食
9:00 閉会式

希望者のみ下記の聖地を訪ねる企画もあります。
ククパタギリ(グルッパ・鶏足山) マハーカッサパ入滅の地
ドンゲセスリー(前正覚山)    釈尊ゆかりの聖地
コレスリー                同

また坐禅会参加ツアーもあります。

募集要項
瞑想修行に興味のある方
期日途中での参加、退出も可能です(1日だけの参加も歓迎します)
問合せ・申し込み
長野県塩尻市「興龍寺」へ、メール(st-kouryu@hotmail.co.jp)にてご連絡ください。

ツアーの詳細
151015_01

ツアーのお問い合わせ先 大陸旅遊

印刷 印刷
▲ ページの先頭へ戻る