お知らせ, 文化講座

2012年11月16日 開催報告 講演会「インドカースト・システムの両義性」

お蔭様で100名を超える方々にご参加いただきありがとうございました。
IMGP0785 IMGP0788






2012年11月16日、青山こどもの城にて、恵泉女学園大学教授の大橋正明さんを講師に迎え、第8回仏教文化講座を開催いたします。参加費は無料です。

 
演題 : インドカースト・システムの両義性 ~ビハール州ガヤ県のフィールド調査から見えるもの~

「マハトマ・ガンディ精神の継承」をとなえて1954年にブッダガヤ近郊に設立された社会活動団体で学び育った底辺のカーストの子供たち数人の数十年間の成長の軌跡を追い、カースト・システムというもののもつ意味を、観念と現実との双方から改めて問い直す。
カースト・システムははたして、眉をひそめるだけの仕組みなのか?

日時 : 2012年11月16日(金) 18:30~20:00終了

会場 : 青山こどもの城(渋谷区神宮前5-53-1) 研修室/9階(902-4室)

 <交通>
 渋谷駅から徒歩10分(東口/宮益坂側)
 都営バス渋谷駅(東口バスターミナル)から[渋88]新橋駅前行「青山学院前」下車すぐ。
 表参道駅 B2出口から徒歩8分
 *この行事に関する会場へのお問合せはご遠慮ください。

参加費 : 無料

講師 : 大橋正明(恵泉女学園大学教授)
恵泉女学園大学人間社会学部教授 国際協力NGOセンター(JANIC)理事長
1953年東京生まれ。学生時代にインドのビハール州にある、ガンディー主義の活動拠点サマンバヤ・アーシュラムを訪れて以来、インド好きに。
早稲田大学政経学部卒業後、デリー国立ヒンディー語中央学院に留学。アメリカ・コーネル大学大学院「国際農業・農村開発」研究科修士課程修了。「シャプラニール=市民による海外協力の会」バングラデシュ駐在員及び事務局長、国際赤十字・赤新月社連盟兼日本赤十字社のバングラデシュ駐在員を務め、1993年より、現職の恵泉女学園大学専任教員(国際開発学)。
シャプラニール副代表理事、アーユス仏教国際協力ネットワーク理事、日本NPOセンター副代表理事、(社福)コメット監事、国際開発学会副会長等を務める。

印刷 印刷
▲ ページの先頭へ戻る