菩提樹学園園児の家庭へ食料を配布

 ビハール州では、この2月7日から6年生以上の学年の教室授業が再開しましたが、就学前教育を含め、それ以下の学年の授業再開は政府からまだ公示されておらず、菩提樹学園も昨年3月から閉鎖したままになっております。長引くコロナ禍の中、経済的に打撃を受けている園児の家庭も多く、このたび菩提樹学園は光明施療院と共同で園児の家庭を対象に米、チャパティ(薄焼きパン)粉、豆、スパイス類、塩、食用油、稗(ヒエ)、マスク、ゴム草履の配布を行いました。

 マスクは(公社)日本仏教保育協会の会員様や多くの方々からご寄附いただきました。皆さまからの温かいご支援に改めて感謝申し上げます。

 菩提樹学園クラスの再開が許された折には、政府の公示指針(SOPs)に沿って感染対策を施し、子どもたちが安心して登園できる環境を整えてまいります。

第72回共和国記念日

共和国記念日は、1950年1月26日にインド国憲法が発布され共和国となったことを記念する日で祝日となっています。この日は、国旗掲揚、国歌斉唱でお祝いをします。日本寺ではスタッフ皆で仏旗、インド国旗、日本国旗を掲揚しお祝いしました。

例年菩提樹学園でも式典を行いますが、政府からの通達により2020年3月からの閉鎖が継続している為、式典の開催は出来ませんでした。

12月8日お釈迦様の成道会

ブッダガヤ大塔(大菩提寺)敷地内のお釈迦様

日本ではお釈迦様がお悟りを開かれたこと(成道)を記念して12月8日に成道会を行います。印度山日本寺では、今年12月8日に北河原竺主を導師に成道会の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大によりインドへの入国が制限され、やむなく中止となりました。

お釈迦様は、ブッダガヤの菩提樹のもとでお悟りを開かれたと言われています。お釈迦様の没後約200年ののち、この聖跡を慕ってアショーカ大王が精舎(道場)を建てその後改修増築されたものが今のブッダガヤ大菩提寺(大塔)です。

従来12月のブッダガヤは各国からの巡礼者で大賑わいですが、現在の大塔は参拝者もまばらです。また、10月~3月までの巡礼シーズン中は大塔までの参道にはインド各州からやって来たお土産屋さんが立ち並びます。しかし、今年はその姿もほぼ見受けられません。一刻も早い終息を願うばかりです。

古本募金査定金額10%UPキャンペーン


■(公財)国際仏教興隆協会古本募金査定金額10%キャンペーンのご案内■


下記の期間中にお申込みいただきました古本募金におきまして査定金額が10%アップされるキャンペーンが実施されます。年末の大掃除に、この機会をご利用いただければ幸いです。
期間:2020年12月1日~2020年12月31日


読み終えた本・DVDや、未使用のテレフォンカード等をご提供いただき、その査定換金額を(公財)国際仏教興隆協会にご寄附いただく仕組みです。
寄附金は、日本寺や菩提樹学園等の宗教福祉事業のために 役立てられます。皆さまのご支援をお願いします。
※申込受付から査定・報告、および送金は「古本募金きしゃぽん」(運営:嵯峨野株式会社)
が担当します。古本募金1回のご参加につき、きしゃぽんからも100円が寄附されます。
詳細は、こちらをご覧ください。

■古本募金できるもの■
本、DVD・ゲーム・CD、切手・はがき、テレフォンカード(未使用)、商品券、ブランド品、貴金属等


■募金額について■
送付いただいた書籍等の査定額にきしゃぽんから100円を加算した金額を募金額とします。
募金額はメール・郵便でお知らせいたします。


■ご寄附の方法■
ご不要になった本等をダンボール箱に詰め、お電話またはWebでお申込みいただくと、
ご指定の時間に宅配業者が集荷に伺います。5点以上から送料無料、何箱でも受付できます。
お電話でのお申込み:0120-29-7000(受付9:00~18:00)
寄附申込書にご記入の上、品物と一緒に同梱してください。
WEBサイトからのお申込みhttps://www2.kishapon.com/ibba/form/
寄附申込書のご記入は不要です。


Twitter


Facebook