菩提樹学園への布マスクご寄附の御礼

菩提樹学園への布マスクのご寄附のお願いに対して、沢山のマスクと寄附金を頂戴いたしました。皆様からの温かいお心遣いに衷心より御礼申し上げます。
早速現地に向けて送らせていただきます。

大菩提寺参拝受入れ再開

  インドでは、2020年6月17日時点でCOVID-19感染者数が35万人(死者11,992名)を超え、1日に約1万人の新たな感染者が増え続けている状況です。

  3月24日に政府により施行されたロックダウンは、数度の延長を経て国内全域で5月31日まで継続されました。しかし、6月1日以降は、地域ごとの感染状況により徐々に制限が解除されております。

  ブッダガヤでは6月10日に大菩提寺が朝・夕の数時間の参拝者の受け入れを再開いたしました。参拝に際しては、「入場時の消毒」、「マスクの着用」、「それぞれの参拝者の間隔を開けること」、「祀堂(チャイティア)[本堂]」への参拝は一度に10人まで」などの感染予防のためのガイドラインが出されております。

  ロックダウン以降閉鎖中の日本寺につきましては、ブッダガヤの各国寺院で構成される隣山会会合に於いて、大菩提寺を除く隣山寺院一同7月31日までの一斉閉鎖が決定されました。航空路・鉄道の閉鎖続行やバス路線運休など一般の交通制限の現状に添ったものです。

菩提樹学園臨時休園(8月末まで)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ビハール州政府の指示により3月31日までの期限ですべての教育施設、保育施設、映画館、博物館などが閉鎖され、菩提樹学園も3月17日~31日までの予定で臨時休園となりました。これにより、3月24日に予定されていた卒園式は、当面、4月1日に延期されました。しかし、5月末までロックダウンが延長され、6月以降は徐々に制限が解除されましたが、6月末時点で教育施設は7月末までの閉鎖が決定されました。
その後、ビハール州は7月16日~7月31日まで再ロックダウンとなり、さらにロックダウンが8月16日まで延長されたため、休園期間は8月末までとなりました。

2020.3.6菩提樹学園ホーリー

ホーリー(Holi)は、冬が終わる最後の太陰暦の満月の日に行われる春の祭典で色とりどりの粉を掛け合い、冬の終わりと春の訪れをお祝いします。この日は、祝日となっています。今年のホーリーは3月10日。菩提樹学園では、3月6日にホーリー行いました。園児、先生、卒園生、保護者や駐在僧も交えて皆、大はしゃぎでした。

2020.2.15涅槃会法要厳修

2020年2月15日、日本寺にて浄土宗江東組青年会による涅槃会法要が厳修されました。
また、20名を超える日本寺周辺の各国寺院の僧侶も出仕し、本堂には読経が響き渡り、盛大な涅槃会法要となりました。

2020.2.13菩提樹学園学年末試験

2020年2月13日菩提樹学では学年末試験が行われました。一年の学習の成果を発揮すべく、試験前には一生懸命テスト勉強する園児の姿が見られました。



2019.11.15開催報告 講演会
「現代生活における仏教の存在意義」

2019年11月15日(金)開催、佐々木 閑先生による講演会「現代生活における仏教の存在意義」はお陰様で80名を超える方々にご参加いただき盛況理に終了いたしました。
笑を交えながら、お釈迦様の説かれた仏教についてわかりやすくご講演くださり、ご参加の皆様からも大変な好評をいただきました。また、募金の呼びかけに対してご協力いただきました方々に心より御礼申し上げます。

【講演概要】
2500年前にブッダが創始した仏教という宗教は、極めて合理的にこの世の在り方を捉えようとした、世にも希な宗教です。そしてそこに現れている独特の倫理観は、現代社会で暮らす我々にとって、非常に有用な主張を数多く含んでいます。その中には、ネット社会になってますますその真価が見えてきたものも含まれています。単に宗教という側面から眺めたのでは気付かない、そういった仏教の独自性をご紹介し、現代における仏教の役割について考察します。

【講師】講師:佐々木 閑(ささきしずか) 花園大学教授。文学部長。
1956年福井県生まれ。京都大学工学部工業化学科および文学部哲学科卒業。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学後、米国カリフォルニア大学バークレー校留学を経て現職。文学博士。専門はインド仏教学、仏教哲学、仏教僧団史。日本印度学仏教学会賞、鈴木学術財団特別賞受賞。著書に『出家とはなにか』『インド仏教変移論』『科学するブッダ 犀の角たち』『日々是修行』『生物学者と仏教学者 七つの対論』(斎藤成也氏との共著)『「律」に学ぶ生き方の智慧』『ブッダ 真理のことば』『般若心経』『ブッダ 最期のことば』『仏教は宇宙をどう見たか』『ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか』『出家的人生のすすめ』『真理の探究 ー仏教と宇宙物理学の対話ー』(大栗博司氏との共著)『ブッダに学ぶやり抜く力』『ごまかさない仏教:仏・法・僧から問い直す』(宮崎哲弥氏との共著)『ネットカルマ』『大乗仏教 ブッダの教えはどこに向かうのか』。翻訳に鈴木大拙著『大乗仏教概論』『ブッダ 100の言葉』など。

【開催日】2019年11月15日(金)18:30~20:30(開場18:15)

【場所】JICA東京 セミナールーム411(住所:東京都渋谷区西原2-49-5)

【交通】京王線幡ヶ谷駅徒歩8分/地下鉄千代田線・小田急線代々木上原駅徒歩12分
会場地図 

【お問い合わせ】公益財団法人国際仏教興隆協会(TEL:03-3711-7608)

2019.10.17菩提樹学園運動会

2019年10月17日菩提樹学園では運動会が開催されました。このような運動会はインドでは珍しく、園児のみならず園児の家族、卒園生にとっても楽しみにしている行事です。
当日は、ダンスや徒競走はじめ園児たちが大好きなカジャ(揚げミルフィーユ)食いレース、保護者たちの綱引きなど大人も子供も大いに盛り上がりました。

2019.9.28.29ナマステ・インディア開催報告

2019年9月28日(土)・29日(日)代々木公園で開催されたインドフェスタ「ナマステ・インディア」にブース出展いたしました。天候にも恵まれ大勢の方々がブースにお越しいただきました。また活動の支援として、募金や、園児の絵葉書やビハール州伝統織物バーパンプティ織などをお求めくださいました方々に心より御礼申し上げます。