- 公益財団法人国際仏教興隆協会 - https://www.ibba.jp -

3年ぶりに盛大なブッダジャヤンティ

 ブッダジャヤンティ(Buddha Jayanti)はお釈迦様の誕生、成道、涅槃を一度にお祝いする行事で、毎年インド暦のウェーサカ(Vaisakha)月の満月の日に行われます。また、この日はブッダプルニマ(Buddha Purnima)と呼ばれ、国民の祝日に指定されています。

 南方仏暦に因んで2566回目となった今年のブッダジャヤンティは、2022年5月16日に大菩提寺で盛大にお祝いされました。2020年、2021年はコロナ禍のため、大菩提寺が閉鎖され、大塔管理委員会所属の比丘衆のみで開催されましたが、今年は3年ぶりにブッダガヤにある各国寺院や、インド諸州各地からの比丘・僧侶ら約7000人がこの催事に参集しました。日本寺からは元駐在僧の番地章夫師がこの日の為に渡印しました。この時期のブッダガヤは一年で最も暑く、当日は44℃の猛暑の中での法要でした。

 朝、8時を期して大仏(Great Buddha)前をスタート、大菩提寺まで約2㎞をお練り行道して大菩提寺入り。お釈迦様ご成道の聖菩提樹下での比丘による法話や、チベット、タイ、ベトナムなど各国のお経があげられ、日本代表として番地師が般若心経を唱えました。また、ビハール州知事も参列し、献香・献灯をされました。