ビハール州ロックダウン終了

インドに於ける新型コロナウイルス累計感染者数は9月7日、ブラジルを抜き世界2位となりました。しかしながら、2020年7月16日から実施されていたビハール州のロックダウンは、9月6日総合的ロックダウンは終了し、中央政府(内務省)より公示されたガイドラインに従っての制限解除が実施されることとなりました。
これにより州を超えた移動は可能となりました。但し映画館や劇場などは閉鎖を継続、大菩提寺はじめ、日本寺含む各国寺院は閉鎖を継続中です。教育機関については9月30日までの閉鎖が通告され、菩提樹学園の休園期間も9月30日までに延期されました。ガイドラインに明示のない施設については、後ほど州政府から通達される予定です

ビハール州ロックダウン再延長(9月6日まで)

ビハール州内務省の通告により7月16日から実施されているロックダウンは、8月16日まで延長されておりましたが、8月17日に2度目となる延長が通告され、9月6日までとなりました。これにより、日本寺含む周辺寺院は9月16日まで閉鎖となりました。8月31日までの休園を決定していた菩提樹学園も9月6日まで休園となりました。

8月17日ビハール州内務省から通告されたロックダウン延長の布告
http://home.bihar.gov.in/CMS/circular.aspx より引用

8月15日第74回独立記念日

2020年8月15日はインドの第74回独立記念日でした。インドでは独立記念日は『何があっても』の重要な日です。ロックダウン中のため、通行許可を得た最低人数の日本寺スタッフのみ感染防止対策を施して参加。国旗掲揚とジャナ・ガナ・マナ(インド国歌)斉唱でコロナ禍にくじけず、心を合わせて進む思いを新たにしました。

ビハール州ロックダウン延長

ビハール州内務省の通告により7月16日~7月31日までロックダウンが実施されましたが、州内の感染状況が改善せず、8月16日までのロックダウン延長が7月30日に通告されました。これにより、日本寺含む周辺寺院は8月16日まで閉鎖となり、菩提樹学園の休園期間は8月末まで延長されました。

7月30日ビハール州内務省から通告されたロックダウン延長のガイドラインhttp://home.bihar.gov.in/CMS/circular.aspx より引用

ビハール州再ロックダウン

ビハール州では、2020年6月1日以降段階的に制限が解除されていましたが、感染者の増加の為、7月14日にビハール州内務省により7月16日~7月31日までのロックダウンが通告されました。これにより、6月10日より再開していた大菩提寺(大塔)は、再び閉鎖となりました。日本寺をはじめ周辺寺院は、3月21日から引き続いて7月31日まで閉鎖いたします。

ビハール州内務省から通告されたロックダウンのガイドラインhttp://home.bihar.gov.in/CMS/circular.aspx より引用
Twitter


Facebook