講演会 「古代インド仏教からの問いかけ-新たなる価値創造に向けて―」

日印国交樹立70周年記念講演会 
古代インド仏教からの問いかけ
―新たなる価値創造に向けて―

  2022年日印国交70周年記念して、在日インド大使館との共催で龍谷大学学長・入澤 崇先生を講師に迎えた講演会を開催いたします。後日録画配信を行いますので、当日会場にお越しになれない方もご聴講いただけます。

当講演会は、外務省「2022年日本・南西アジア交流年」認定事業です。


【日時】2023年1月13日(金)14:00~16:30
【会場】インド大使館VCCホール講堂(東京都千代田区九段下2-2-11) 
    都営地下鉄、東京メトロ東西線・半蔵門線九段下駅 2番出口より徒歩10分
【参加費】無料(事前にお申込みください)
【お申込み】こちらのお申込みフォーム、またはTEL:03-3711-7608(受付:平日9:00~17:00) にてお申込みください。定員(160名)になり次第、申込を締め切りとさせていただきます。
【録画配信】2023年1月20日以降、当ページよりご覧いただけます。
【お問合せ】こちらのお問合せフォームまたは上記TELにてお問合せください。

【プログラム】
挨 拶在日インド大使館代表
スピーチ印度山日本寺竺主 北河原公敬東大寺長老
講 演入澤崇先生
「古代インド仏教からの問いかけ ―新たなる価値創造に向けて―」
文化プログラムインド大使館より
閉会の挨拶(公財)国際仏教興隆協会理事長 中村康雅

【講演概要】
  日本文化に定着している仏教の原郷は古代インドです。日本仏教の中には古代インド世界に由来するものが少なくありません。では、古代インドに生まれた仏教の特異な点とは何であったでしょうか。そして、仏教だけがどうしてインド世界を離れてアジア一帯に広まったのでしょうか。「造形と思想」の観点から考えてみたいと思います。仏教がそもそも有していた異次元の価値を蘇らせ、現代社会と照らし合わせてみたいと考えています。

【入澤 崇先生プロフィール】
 1955年広島県因島生まれ。1990年龍谷大学文学部仏教学科に着任。専門は仏教文化学(アジア各地域における仏教の受容と変容を研究)。2004年から5年間アフガニスタン仏教遺跡調査隊の隊長を務める。龍谷ミュージアム館長、文学部長を経て、2017年4月に学長就任。現在は、学長として大学経営の第一線で活躍。

リサイクル募金査定金額5%UPキャンペーン


下記の期間中にお申込みいただきましたリサイクル募金につきまして、査定金額が5%アップキャンペー実施中です。年末の大掃除の際にご不要になられた古本をお送りください。
期間:2022年12月1日~2022年12月31日まで。

※切手・はがき・貴金属・金券類は募金額5%アップの対象外です。
※きしゃぽんからの寄付100円は募金額5%アップの対象外です。

読み終えた本・DVDや、貴金属、ブランド品時計、未使用のテレフォンカード等をご提供いただき、その査定換金額を(公財)国際仏教興隆協会にご寄附いただく仕組みです。
寄附金は、日本寺、菩提樹学園や光明施療院等の宗教福祉事業のために 役立てられます。皆さまのご支援をお願いします。
※申込受付から査定・報告、および送金は「古本募金きしゃぽん」(運営:嵯峨野株式会社)
が担当します。古本募金1回のご参加につき、きしゃぽんからも100円が寄附されます。
詳細は、こちらをご覧ください。

■古本募金できるもの■
本、DVD・ゲーム・CD、切手・はがき、テレフォンカード(未使用)、商品券、ブランド品、貴金属等


■募金額について■
送付いただいた書籍等の査定額にきしゃぽんから100円を加算した金額を募金額とします。
募金額はメール・郵便でお知らせいたします。


■ご寄附の方法■
ご不要になった本等をダンボール箱に詰め、お電話またはWebでお申込みいただくと、
ご指定の時間に宅配業者が集荷に伺います。5点以上から送料無料、何箱でも受付できます。
お電話でのお申込み:0120-29-7000(受付9:00~18:00)
寄附申込書にご記入の上、品物と一緒に同梱してください。
WEBサイトからのお申込みhttps://www2.kishapon.com/ibba/form/
寄附申込書のご記入は不要です。


活気を戻しつつある日本寺

  ビハール州(人口約1億2000万人)は2022年11月現在、州保健省の発表によると新規感染者が0名の日も多く、ブッダガヤは徐々にコロナ禍以前の状態に戻りつつあります。日本寺にもこのところ、学生の団体や多くの参拝者が訪れ賑わいを見せています。

 

アメリカの大学ゼミが印度山日本寺で座禅実習

  アメリカミネソタ州のカールトン大学とオハイオ州のアンティオーク大学共催の「仏教研究海外実習プログラム」がブッダガヤで実施されています。
  3か月間ブッダガヤの各国寺院を会場とし、上座部仏教(瞑想)・大乗仏教(日本の禅)・チベット仏教(密教)の指導者の元で実習を通して、主な伝統仏教を比較研究することを目的とした両大学の正規プログラムです。
  当協会では1982年以来40年にわたり、禅を核として大乗仏教を学ぶ座禅実習の場として印度山日本寺本堂を提供しています。今年は20名を超える学生が参加しました。