ブッダガヤ日本寺短信

『夜間外出禁止、教育施設等を含む人員集結施設の閉鎖』を発令

インドでは変異した新型コロナウイルス株による感染拡大の第2波の勢いが止まらず、首都デリーでは週末ロックダウンが施行されましたが、ビハール州も悪化の一途をたどっています。2021年4月18日ビハール州政府は4月9日に発令した感染防止対策ガイドライン内容を更新した『夜間外出禁止令および教育施設等を含む人員集結施設すべての閉鎖令』を発令しました。それによると、宗教施設、教育施設、映画館、ジム等の施設の閉鎖および集会の禁止等の措置を5月15日まで延長。レストランの営業は午後9時までとし、配達または持ち帰りのみ。店内飲食は不可。その他商店の営業は午後6時までとなり、時短営業は1時間繰り上がりました。更に午後9時~午前5時までは外出禁止とされています。 印度山日本寺の地元ブッダガヤでは、4月19日に大菩提寺から半径1キロ以内で50名を超える新規感染者が確認されたと現地より報告を受けました。予断を許さない状況です。
(ビハール州政府広報局twitterから転載)
印刷 印刷
Twitter


Facebook

▲ ページの先頭へ戻る