大菩提寺参拝受入れ再開

  インドでは、2020年6月17日時点でCOVID-19感染者数が35万人(死者11,992名)を超え、1日に約1万人の新たな感染者が増え続けている状況です。

  3月24日に政府により施行されたロックダウンは、数度の延長を経て国内全域で5月31日まで継続されました。しかし、6月1日以降は、地域ごとの感染状況により徐々に制限が解除されております。

  ブッダガヤでは6月10日に大菩提寺が朝・夕の数時間の参拝者の受け入れを再開いたしました。参拝に際しては、「入場時の消毒」、「マスクの着用」、「それぞれの参拝者の間隔を開けること」、「祀堂(チャイティア)[本堂]」への参拝は一度に10人まで」などの感染予防のためのガイドラインが出されております。

  ロックダウン以降閉鎖中の日本寺につきましては、ブッダガヤの各国寺院で構成される隣山会会合に於いて、大菩提寺を除く隣山寺院一同7月31日までの一斉閉鎖が決定されました。航空路・鉄道の閉鎖続行やバス路線運休など一般の交通制限の現状に添ったものです。

カティナ・プジャ

2019年10月20日、大菩提寺でカティナ・プジャが行われました。カティナ・プジャは約3ヶ月間の雨安居明けに信者が僧侶に法衣を布施し徳を積むという法要です。今年はタイ人が施主となり大勢の僧侶に法衣が贈られました。

ビシュワカルマ・プジャ

2019年9月17日、ビシュワカルマ・プジャの日でした。ヒンドゥーの神、ビシュワカルマ(Vishwakarma)は世界の創造主であり、神々へ多くの武器を創造したと言われており、現代では機械の神様とされています。この日はビシュワカルマの誕生を祝い、工場の機械や車などの安全を祈願するプジャ(祈りの儀式)を行いまます。日本寺では、お寺の車やリヤカー、スタッフのバイク・自転車に対しての加護と安全を祈願しました。プジャの後に甘いお菓子を食べることが習慣となっていてこの日はペラ(ペダ)と呼ばれるミルクやギー(水牛のバター)でつくった甘いお菓子をスタッフ皆で分け持ち帰りました。

春の訪れホーリー

春の訪れを祝うホーリー。今年のホーリーは3月21日、この日は大人も子供も皆色粉を掛け合い街は大騒ぎになります。ブッダガヤでは翌日の22日も盛り上がっていました。
日本寺のスタッフはじめホテルの従業員も色粉だらけでも気にもせず普段通り仕事をしていました。

ダライラマ、ブッダガヤに滞在

2018年12月、現・14世ダライラマによる下記ブッダガヤ・イベント(イベント名は略訳)が開催され、30日に行われた講座での法要に日本寺駐在僧が出仕いたしました。
12月24日~26日: 37段階菩薩道次第講義
12月26日:ヤマンタカ(閻魔)道入門儀礼(2015年からの連続講座終段)
12月28日~31日:文殊菩薩道真髄講座
12月31日朝:チベット亡命政府立ナムギャル僧院主催による延年儀
2019年2月19日:仏道入門講義(短時間講義)

日本寺境内のマンゴー収穫

日本寺境内のマンゴーが収穫の時期を迎えました。
マンゴーは熟するのを待たずにピクスルなどのおかずとして食します。

日本寺6月の花

6月、一年の内で最も暑くなるこの季節。日本寺境内に咲くシュラブ・グラブ(ロス・ダマスケーナの交配種)。