ブッダガヤ日本寺短信

大塔大菩提寺 カティナプジャ

 カティナプジャ(Katina puja) は、約3か月間の雨安居明けに行われ、信者が比丘たちに法衣を布施し、徳を積む法要です。原始仏典の伝えるところでは、雨安居明けに比丘たちが自身の衣を作り…とあり、お釈迦様もご自身でそうされたとあります。ほぼ全員が衣を調え終ると集まって布薩会(ふさつえ=各々の内外で犯した比丘としてあるまじき罪を告白・懺悔する集会)を行って出家者としての再出発を誓うという習慣でした。仏伝に「衣を調える1ヶ月・2ヶ月…5ヶ月」とありますが、その期間を短縮し、早く法を説いて欲しい信徒や施主が衣を献上するようになりました。この一連のプロセスが「迦絺那会(かちなえ)」として中国や日本に伝わりました。ブッダガヤのカティナプジャはこの方式で行われています。

 この雨安居とは、Vassaとよばれる雨季の間、降雨によって芽吹いた草や土から出てきた虫などを踏み殺生しないように、比丘たちが遊行せずに一か所に留まり外出を控え修行に専念することで、お釈迦様在世からの習慣です。インドでは、ヒンドゥー暦のAsalha 月の満月の次の日から約3か月(3度目の満月の翌日)がVassaとされ、2021年は7月25日から10月21日まででした。

 今年は10月31日に大塔管理委員会主催の施主公募によるカティナプジャが大菩提寺内で開催されました。当日はタイ、カンボジア、スリランカなどから信者が参加し、菩提樹の下で各国寺院の比丘や僧侶が読経し、法要が執り行われました。

 映画『The Siddhartha Gautama』に出演した俳優ガガンマリック氏(Gagan Malik)も施主の一人として法要に参加し、比丘や僧侶たちに衣を布施する様子が動画に収められています。

印刷 印刷
Twitter


Facebook

▲ ページの先頭へ戻る