報告, 菩提樹学園

2019.8.14菩提樹学園ラクシャバンダン

ラクシャバンダンは、姉妹と兄弟の絆を深め、兄弟の健康と出世を祈るヒンドゥー教の祭祀です。姉妹が、兄弟の手首に「ラーキー」という装飾された紐を結び、お礼として兄弟が姉妹にプレゼントを渡します。
菩提樹学園のラクシャバンダンは、まず、「ティカ」という無難息災の願いの儀式に欠かせない朱色のパウダーを額につけてもらいます。そして、女の子が男の子の手首にラーキーを結び男の子はお返しとしてネックレスを女の子につけてあげます。保護者も来園し賑やかに行われました。

ラーキー
ティカを額に
ラーキを結んであげる女の子
お礼にネックレスをプレゼント
印刷 印刷

▲ ページの先頭へ戻る