菩提樹学園臨時休園

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ビハール州政府の指示により3月31日までの期限ですべての教育施設、保育施設、映画館、博物館などが閉鎖され、菩提樹学園も3月17日~31日までの予定で臨時休園となりました。これにより、3月24日に予定されていた卒園式は、当面、4月1日に延期されました。

2020.3.6菩提樹学園ホーリー

ホーリー(Holi)は、冬が終わる最後の太陰暦の満月の日に行われる春の祭典で色とりどりの粉を掛け合い、冬の終わりと春の訪れをお祝いします。この日は、祝日となっています。今年のホーリーは3月10日。菩提樹学園では、3月6日にホーリー行いました。園児、先生、卒園生、保護者や駐在僧も交えて皆、大はしゃぎでした。

2020.2.13菩提樹学園学年末試験

2020年2月13日菩提樹学では学年末試験が行われました。一年の学習の成果を発揮すべく、試験前には一生懸命テスト勉強する園児の姿が見られました。



2019.10.17菩提樹学園運動会

2019年10月17日菩提樹学園では運動会が開催されました。このような運動会はインドでは珍しく、園児のみならず園児の家族、卒園生にとっても楽しみにしている行事です。
当日は、ダンスや徒競走はじめ園児たちが大好きなカジャ(揚げミルフィーユ)食いレース、保護者たちの綱引きなど大人も子供も大いに盛り上がりました。

2019.8.15菩提樹学園独立記念日式典


8月15日は1947年にインドがイギリスの植民地から独立を果たした記念日でこの日は祝日となっています。
菩提樹学園では、独立記念日の式典が行われました。国旗掲揚の後、国家斉唱。元気いっぱいに歌う園児達の姿です。式典終了後、園児達が大好きなジレビー(小麦粉と米粉を混ぜて揚げたものに糖蜜をたっぷり浸み込ませたお菓子)が配られ、みんな笑顔で降園しました。

2019.8.14菩提樹学園ラクシャバンダン

ラクシャバンダンは、姉妹と兄弟の絆を深め、兄弟の健康と出世を祈るヒンドゥー教の祭祀です。姉妹が、兄弟の手首に「ラーキー」という装飾された紐を結び、お礼として兄弟が姉妹にプレゼントを渡します。
菩提樹学園のラクシャバンダンは、まず、「ティカ」という無難息災の願いの儀式に欠かせない朱色のパウダーを額につけてもらいます。そして、女の子が男の子の手首にラーキーを結び男の子はお返しとしてネックレスを女の子につけてあげます。保護者も来園し賑やかに行われました。

ラーキー
ティカを額に
ラーキを結んであげる女の子
お礼にネックレスをプレゼント

2019.3.18菩提樹学園ホーリー

春の訪れを祝うホーリー(Holi)。今年のホーリーは3月21日、この日は祝日とされており、大人も子供も皆、色粉を塗りあったり、色水を掛け合い祝います。
菩提樹学園では、一足早く3月18日にホーリーを行いました。園児や保護者、先生、駐在僧も参加し大賑わいのホーリー祭りの模様です。

2018.4.1菩提樹学園入園式

2018年4月1日、菩提樹学園では入園式が行われました。
35名の子供たちが菩提樹学園に入園しました。

2018.3.24菩提樹学園卒園式

2018年3月24日、菩提樹学園では卒園式が行われました。
皆さまからのご支援のおかげで66名の園児が無事卒園を迎えることができました。

年長組から年中組へのローソクを灯して園の光の伝達式の後、
園児ひとりづつに記念品の通学バックと園長のソバ先生から卒園証書を授与されました。

クラスごとでの記念撮影。

2018.3.21菩提樹学園学芸会

2018年3月21日菩提樹学園では学芸会が開催されました。
園児たちは観覧に来た保護者や家族の前で練習の成果を披露しました。

お遊戯の模様です。