お知らせ 日本寺

日本寺の近況

 インドの新型コロナウイルス感染者数は、中央政府の発表によると、2020年10月26日時点で790万人を超え依然アメリカに次ぎ世界第2位と厳しい状況にありますが、9月中旬以降一日の新たな感染者数は減少傾向にあります。また、回復率は90%を超え、ビハール州に於いては94.91%とインド国内で第3位の回復率を示しています。

 9月30日、中央政府(内務省)より新たなガイドライン(UNLOCK5.0)が公示され、寺院、初等教育機関、映画館等の施設再開が公示されましたが、施行はそれぞれの州政府の決定によるものとされています。ブッダガヤでは、大塔(大菩提寺)が9月21日から開門時間の短縮、入場人数制限、滞在時間制限、お供物禁止などの感染対策を設けて再開しましたが、その他の一般寺院については現時点でビハール州政府内務省から再開許可は通達されておらず、閉鎖を続けております。閉鎖中の日本寺ではありますが、再開に向けて境内を整備しています。

一般的にインド人は、力仕事をする時に腰を痛めない様、腰を下ろして作業します。

1

1

印刷 印刷
Twitter


Facebook

▲ ページの先頭へ戻る