ブッダガヤ日本寺短信

外出禁止令発令

 4月9日にビハール州政府から感染防止ガイドラインが発令された矢先ですが、4月14日発令、即日の発効で外出禁止令が出されたと現地より報告がありました。街中に見張り役の警官や兵士が配置され、大塔管理委員会(BTMC)の会議に出席のため遠方からブッダガヤ入りした委員たちも会議の開催はおろか、ホテルからも出られないほどの厳しい外出禁止令が敷かれているとのことです。封鎖期限は今のところ未定。連日10人から20人弱の感染者が確認され、日本寺が位置するマスティプール村からも少なからぬ感染者が出ており多くが移入者住宅の集まる地区や一画で発生しているようです。

 ブッダガヤはこれまで感染被害はそれほどではありませんでしたが、今回は爆発的な勢いで猛威を振るい始めたようで状況は深刻です。感染拡大が最小限に抑えられることを願うしかありません。

印刷 印刷
Twitter


Facebook

▲ ページの先頭へ戻る