お知らせ 日本寺

印度山日本寺成道会

 12月8日、日本ではお釈迦様がお悟りを開かれた故事(ご成道)をお祝いし、成道会を開催します。印度山日本寺でも1973年(昭和48年)のこの日に開山して以来、毎年日本から関係僧侶が渡航出仕し、現地にある各国寺院の僧侶・比丘衆にも出仕頂き、さらには大勢の日本からのご参列の方々と共に盛大に成道会を営んでまいりました。

 しかしながら新型コロナウイルス感染拡大による政府命令で、2021年3月以降、日本寺は1年半に及ぶ施設の閉鎖を余儀なくされ続けました。しかし、この夏の感染状況改善により9月から日本寺の活動再開が叶いました。

 いまだに日印間の航空路線は通常運航を回復しておらず、今年は日本から赴くのは困難なこともあり、ブッダガヤの世界遺産大菩提寺(Mahabodhi Temple)に所属する比丘衆や大塔を管理する政府機関大菩提寺管理委員会(BTMC)の役員の方々に出仕いただいての成道会開催となりました。この9月の再開後、初めての法要厳修でした。

 現在、大菩提寺管理委員会の建物は老朽化した本館と別棟の所属比丘宿舎の建て替え工事のため、所属比丘衆が日本寺境内の国際仏教徒会館に仮住まいをしております。その縁からこのたびの成道会を厳修していただくことになりました。大菩提寺管理委員会の委員として参加したラジギール霊鷲山の小此木行城師による読経に続き、大菩提寺所属の比丘衆による読経により、お釈迦様の讃仰に加えて世界平和と幸福が祈願されました。

印刷 印刷
Twitter


Facebook

▲ ページの先頭へ戻る