麦の脱穀


ブッダガヤには、脱穀機は普及しておらず手作業で脱穀します。

2017年1月26日共和国記念日

1月26日はインド共和国記念日です。
1950年1月26日にインド憲法が発布され、正式に独立し共和国として発足したことを記念する日です。
この日は、祝日ですが日本寺スタッフは出勤して国家斉唱、国旗掲揚の式典を行います。
続きを読む ››

8月の尼蓮禅河

お釈迦様が苦行の後、菩提樹を目指して渡河された尼蓮禅河、雨期のこの時期には珍しく草が青々と茂り牧草地と化しています。
続きを読む ››

日本寺の従業員2人が博士号の学位をとりました

日本寺の従業員・事務職のロプサン君と、事務助手兼・運転手のバレシュワール君が昨年それぞれナーランダ大学に提出していた論文が秋の学位審査会を共にパス、先週2月18日の学位授与式に出席を求められ、他の5人とともに2人後先になってR・パント副学長(学長・アマルティア・セン博士代理)からPh.D(哲学博士)の学位証を授与されました。
続きを読む ››

2015年12月31日 日本寺除夜の鐘


インド・ブッダガヤ日本寺除夜の鐘の模様です。
例年通り近隣の村人や旅行者たちが訪れ鐘を1つ撞いた後、日本寺特製手打ちの年越しう­どんで新年を迎えました。

8月 モンスーン季の花

ブッダガヤは通常は7月下旬から9月中旬までがモンスーン(雨季)のシーズンです。
ベンガル湾からオディッシャ(オリッサ州)に吹き上げる水分をたっぷり含んだ雨雲が、それまでの乾燥した大地に恵みの雨をもたらしあたり一面に緑を蘇らせてくれる、ほとんどのインド人にとっていちばん好きな、待ち望んでいる季節です。
続きを読む ››